福井九頭竜ライオンズクラブ 地域社会を支援する世界最大の奉仕クラブ組織

会長あいさつ

2017年07月10日

2017~2018年度国際協会334-D地区 6R-1Z
福井九頭竜ライオンズクラブ

<第42代会長 挨拶>

中村修二 

 ライオンズ国際協会334-D地区6R1Z 福井九頭竜ライオンズクラブの第42代会長を務めさせていただきますL.中村修二でございます。
 私は皆様がご存じのとおり、4年前に会長を経験させて頂きました。2度目の就任ですがお引き受けしました以上は、1度目同様に責任と使命感を持ち、当クラブの運営と事業活動に精進いたす所存でございます。
 年齢こそ68歳になりましたが、大変未熟でございます。しかし1年間はライオンズ活動を最優先にし、卓越したライオンズ経験のある伴幹事を含め、優秀な4役と理事各位、各委員長そして会員全員の皆様のご指導とご協力を仰ぎながら来期につなげたいと存じます。
 会員各位におかれましては、友愛の精神で1年間ご協力賜りますよう心よりお願い申し上げ、会長挨拶といたします。

<会長スローガン>

 
「つながれ奉仕 つながれ友愛 つながれ伝統」

福井九頭竜ライオンズクラブは誕生して42年目を迎えました。永年の積み重ねた奉仕活動は数えきれないものがあります。永年のクラブを通じての友人も数えきれません。そして諸先輩が永年積み重ねた伝統は重みを増してさらに輝いていきます。奉仕も友情も伝統もつながってきました。その、つながってきたものをさらに充実させ!変化する!このような1年でまいりたいと思います。

重点目標>
1、クラブ例会に活力と充実感を!「つながれ友愛」
42年の歴史が培ってきたこの素晴らしいクラブですが、クラブ例会に何か物足りなさを感じているのではないでしょうか!活力のある例会で会員同士がつながり合い盛り上がる機会を造りたいと思います。
2、例会出席率100%を目指そう!「つながれ伝統」
例会出席は最大の奉仕です。我がクラブのすばらしい伝統の中に「例会高出席率」があります。本年度の例会出席率はメイク・アップ含めて89.62%でした。今年は是非100%を目指し伝統をつなげていきたいと思います。出席率低下はクラブの盛り上がりを低下させます。
ここで是非100%(メイク・アップ含めて)を目指したいものです。
また、本年度我がクラブは11月の第二例会に1000回目の例会を迎えます。クラブ全員が参加し記念になるようなメモリアル例会にしたいと思います。
3、ライオンズクラブ創設「100周年記念奉仕チャレンジ」の集大成を!「つながれ奉仕」
本年は「100周年記念奉仕チャレンジ」の年に当たります。100周年記念事業の最終年にあたります。このチャンスを大切な年としてつながる奉仕を目指します。具体的には福井市内全クラブとの友愛奉仕で各クラブ統一アクティビティーに挑戦いたします。
 
<運営・事業の基本方針>
ライオンズクラブには目的があります。目的があるからこそ、またその目的の達成に精進するからこそライオンズクラブは社会から高い評価を受けるのです。この目的をもう一度皆で確認しあい福井九頭竜ライオンズクラブの新たな一年にしたいと思います。
□ライオンズクラブ国際協会の目的(ライオンズ必携P9参照)
1、世界の人々の間に相互理解の精神をつちかい発展させる。
2、よい施政とよい公民の原則を高揚する。
3、地域社会の生活、文化、福祉および公徳心の向上に積極的関心を示す。
4、友情、親善、相互理解のきずなによってクラブ間の融和をはかる。
5、一般に関心のあるすべての問題を自由に討論できる場を設ける。ただし、政党、宗派の問題をクラブ会員は討論してはならない。
6、奉仕の心を持つ人びとが個人の経済的報酬なしに社会に奉仕するようはげまし、また、商業、工業、専門職業、公共事業および個人事業の能率化をはかり、道徳的水準をさらに高める。
 
<運営・事業委員会方針>
本年度はライオンズ誕生100年記念最終の年に当たりますので、記念あるアクティビィティーを実施いたしたいと思います。それには各事業委員長・副委員長の絶大なるご協力が必要となります。どうかよろしくお願いいたします。
また運営面におきましても、本年11月に1000回目の例会を迎えます。これは九頭竜ライオンズクラブにとってまさに歴史の積み重ねであり、これを機に大きく羽ばたく機会であります。この例会を盛り上げることによってクラブの活性化ができ、さらに大きく羽ばたくクラブのチャンスになりますようこの日を会員全員出席純100%を達成したいと考えておりますので運営委員長・副委員長の皆様のご協力をよろしくお願いいたします。
 
□委員会開催について
1、各委員会が準備委員会を開催されていきますが、6月までに各委員会に置いて現委員会からの引継ぎをお願いいたします。(幹事が調整役になります)特に事業委員会においては本年度素晴らしい事業が行われました。それらの事業についてどんな苦労があったのか。またどのような失敗があったのか、それを改善するためにどうしたらよいか来年度の参考になる点が多々あるようですのでよろしくお願いいたします。これは、あくまで本年度の事業を踏襲する意味ではありませんので誤解のないようにお願いいたします。
2、委員会の開催についてですが近年、委員会の開催が例会前、後に短時間で開催されている傾向があります。連絡事項等の開催でしたら結構ですが審議事項がある場合十分な審議ができない可能性がありますので、できるだけ独立した時間帯、会場でお願いいたします。
3、委員会からの審議する内容を理事会への上程をする場合、十分時間の余裕を見ていただき、一度理事会にて修正がありましても次回理事会で結審できるような余裕をもった運営をお願いいたします。
 

福井九頭竜ライオンズクラブ
会長 L.中村修二

福井九頭竜ライオンズクラブ 年間カレンダー 福井九頭竜ライオンズクラブ公式Facebookページ 福井九頭竜ライオンズクラブ 〒918-8580 福井市西木田2丁目8-1 (福井商工会議所ビル内) TEL(0776)33-1864 FAX(0776)33-1865 みんなではじめる!カーボンオフセット

管理者ページへログイン

管理者ID

パスワード